いざという時知っておきたい、千葉での葬儀の流れ②

もしもの時に困らないために。千葉の葬儀の豆知識ピックアップ。

お通夜が終わったら、翌日葬儀と火葬を行いますが千葉の葬儀は前火葬の地域があります。葬儀終了後関係者と僧侶を招いて精進落としを行います。

[+IMAGEALT+]

いざという時知っておきたい、千葉での葬儀の流れ②

【千葉の葬儀の流れ②】

お通夜が終わったら、翌日葬儀と火葬を行いますが、先述の通り千葉の葬儀は前火葬の地域があります。

葬儀社と打ち合わせをし、葬儀を行う場所が前火葬なのか後火葬なのかを確認しておきましょう。

一般的には翌日の午前中から本葬が行われます。

葬儀開始の1時間前から受付を開始しますので、それまでに会場の準備や受付の準備をしておきましょう。

受付では参列者への挨拶と香典や供物の受け取りを行います。

僧侶は葬儀開始時間の15分ほど前に到着しますので、受付がそれまでに済んで定刻通りに葬儀が行われるようにしましょう。

葬儀が始まったら、僧侶が1時間程度読経をしますので、その間に焼香を行います。

焼香が終わったら弔辞、弔電の奉読を行ったあと僧侶が退場し葬儀は終わります。

最後の見送りまでする義務はありませんが、お別れがしたい人は棺に花を入れたり出棺まで立ち会うようにしましょう。

葬儀が終わったら、親族のみで火葬場に移動し、火葬を行います。

火葬場で僧侶が読経をあげ最後のお別れをし、ご遺体が焼かれるのを待ちます。

火葬が終わるまで約1~2時間ほどです。

終わったら骨上げをし、火葬場から納骨に必要な「火葬証明書」を受け取ります。

その後、親族と葬儀に参列したごく親しい知人、僧侶を招いて「精進落とし」と呼ばれる簡単な食事会が開かれます。

最近では、初七日法要も火葬の後に行ってしまうところも多く、必要であれば法要まで済ませてしまいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright もしもの時に困らないために。千葉の葬儀の豆知識ピックアップ。www.sonbisey.com.